HOME > ROCK DIARY > アーカイブ > 2019年4月

ROCK DIARY 2019年4月

2019年4月29日(月) 日々ROCK的な・・・



友達だったり家族だったり
理由はともあれ
大切に思えることは
それだけで幸せな
価値観であることは
間違いはない


2019年4月28日(日) 日々ROCK的な・・・



ごくたまに
天候が物凄い台風がきて
嵐になることがある
人も同じで
ごくたまに
嵐の様になってしまう
こともありうる


2019年4月27日(土) 日々ROCK的な・・・



自分がもしも女性だったら
どんな人だったのかを
考えた場合
たいして
今と変わらないんじゃないかと
思えてならない
男性と女性の違いはあれど
自分は自分であることには
違いはない


2019年4月26日(金) 日々ROCK的な・・・



世界中の宗教がずべてひとつに統合されてしまったら
その国の文化や芸術も同じになりかねない
信じるという事や祈るという観念は
それぞれに違いがあっていいのだと思う。
しかし、それが平和的であればの話だ


2019年4月25日(木) 日々ROCK的な・・・



ROCKが好きというよりは
ROCKというイメージが好きなんだ
そうイメージを
子供のころから
ずっと追いかけているんだと思う


2019年4月24日(水) 日々ROCK的な・・・



沢山の昆虫の姿、かたち、そして色彩を
見ていると、なんでこんなカタチに
なったり色なんだろうと考える事もある
そういう事を考えている、新しい想像性も
思いつく場合だってある


2019年4月22日(月) 日々ROCK的な・・・



どんな極悪な殺人者や浮浪者や
そんな人たちであっても
産まれたときは皆おなじような
赤ちゃんだった。
そういうことを
よく想像することがある


2019年4月21日(日) 日々ROCK的な・・・



パブロピカソやマチスの領域に近づきたいと
本気でそう思っていた
彼等が特別な芸術家だとはけして思っていない
しかし、色彩や型の先駆者だと
正直そう思う


2019年4月20日(土) 日々ROCK的な・・・



子供の頃、日本史や世界史や、あるいは世界中の国や地域に興味をもっていた
同じ人間なのに肌の色も顔も言語もどうして違いがあるのかに
単純に疑問をもっていた。


2019年4月19日(金) 日々ROCK的な・・・



10代の頃、アルチュールランボウの散文詩を読んでしまった
当時僕は中学生の頃で、羅列された文章の表現に魅せられた
小林秀雄の訳だった。
読んで、その意味がわかるわけもなかったけど、文章の想像性に
興味をもったものだ


12345

« 2019年3月 | メインページ | アーカイブ | 2019年5月 »

PAGE TOP