HOME > WHAT'S NEW > アーカイブ > 2019年7月

WHAT'S NEW 2019年7月

ROCKスタイルに魅せらた僕の少年時代



グラムロック時代のルーリードもベルベッツ時代のルーもニューヨーク以降の
ルーも全て影響を僕は受けて来ました。ルーのつくりあげる世界観がすきだった。

ルーのヘアやメイクも時代ごとに、コンセプトごとにボウイ同様に違いがあって
いつの時代もなるほどこの感じか!と思ったものでした。

ルーの声質にあう音楽の方向性もいつの時代も刺激になった。

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


SAIKA流、メンズ眉カットの極意




眉毛のカタチひとつで顔の雰囲気が変わります

ロックミュージシャンは眉のカタチを気にし始めたのは60年代後半からになります!
50年代や60年代初頭までは、ヘアスタイルやファッションにはアーティスト
たちも気を使っていなかったですね、顔がアーティストは大切なんだとわかるようになった
のは白人ではエルビス以降のことです!それまでは、音楽だけつくっていればよかったのに、ヴィジュアルの
大切さに気づいたんだと思うのですよ。それだって50年代にはすでにアメリカの
黒人アーテイストはすでに当然でした。ヴィジュアルが大切なことを教えてくれたのも
実はアメリカのR&Bの黒人ミュージシャンですね

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

ROCKフリークスの為のアリミノ ピース フリーズワックス




ROCKフリークスに最適なヘアワックスと言えば

アリミノ ピース フリ-ズワックス

強力なセット力に立体的な束感がでます

ベタつかず扱いやすい

再現性を兼ねたキープ力を発揮できます

強いワイヤーフィルムが

根本も立ち上げ可能なんです

量販店やネットでの購入よりも

SAIKAでのご購入をおすすめして

おります

と言うのは、量販店やネットですと

不良品や古くなってしまった商品も

多いので、SAIKAでのご購入は

間違いありません

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘



 


ROCKスタイルに魅せらた僕の少年時代



12歳、13歳の頃の僕と言えばTREXに魅せらてしまっていた。
何しろ、マークボランのヘアといいステージ衣装は理想的な
グラムロックとしてのスタイルだった。もちろんグラムロックと言えば
デビッドボウイやミックロンソンの衣装にも興味があったがマークボラン
の着るジャケット姿には本当に憧れたものだ。煌びやかなこのスタイルこそが
僕がもっとも理想としたグラムロックのスタイルだった。

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


ザビートルズヘア!されどマッシュルームヘア



マッシュルームのカットのオーダーはSAIKAでも
特に多くのロックフリークスから頂くことがあります

一般的な美容室でマッシュスタイルをオーダーすると
お笑い芸人のようなマッシュルームみたいになることが
多い嘆きをよく伺います

SAIKAではなんで?本当にロックミュージシャンのような
マッシュルームにできるのか驚かれることもよくあるお話です

マッシュルームヘアは技術を持っている美容師さんなら
誰でもカットできると思います。

しかし、SAIKAでヘアカットするマッシュルームは
ブライアンジョーンズにしたいのか?ジョンレノンに
されたいのか?キースムーンにしたいのか?それぞれに
その特徴があってそのニュアンスをカットにとりこみます

マッシュスタイルは綺麗にカットすることだけが
目的ではなくて、ロックフリークスの場合は
マッシュにされたいのではなくて
ブライアンにしたいのだしジョンみたいにしたいのです

その違いって?かなり違いがあると僕は思うのです

SAIKA ディレクター 齋藤嘉弘


ROCKスタイルに魅せらた僕の少年時代



1970年代のロックファッションを今に蘇らせたデザイナー、ジョンバルバトス


デザイナーであるジョンバルベイトスも僕と同じように話している記事を
7年前に読んだ事ありました。1950年代以降、音楽とファッションは
切っても切り離せない関係にある。まさにそのとおりであり、僕自身も
1960年代からリアルタイムで音楽だけではなくてミュージシャンの
着る服については幼少期からずっとその関連性を見て来た1人です

元々、幼稚園の頃僕はカウボーイのファッションに目覚め、そして
007のジェームズボンドのスーツ姿などに傾倒したものです。

その後、1960年代後半から70年代にかけてブリティッシュ
ロックのあらゆるミュージシャンのファッションに目を向けて行く様に
なりました。ヘアスタイル、サングラスや眼鏡、スカーフ、帽子や靴
ジーンズやジャケットなど様々なアーティストのファッションに
魅せらていきました。

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘



SAIKA流、メンズ眉カットの極意




ROCKフリークスの眉は見られると言う意識が大切です!

・眉が濃いので全体的に薄くしたい
・眉が太いので細めにしたい
・とにかく自分に合うデザインが分からない
・剃っても青くなるから困っている


眉の表情というものはそれぞれに違いがあります
SAIKA流眉毛カットは他者にお顔を見られた時に
おっ!なんとなく顔立ちがすっきり見える
そんな眉の表情を描きたいと僕は考えています
ムリに細くしたい場合は普段からのファッションと
ヘアスタイルによって細くしてもいい場合も
あります

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA流、メンズ眉カットの極意



眉のカタチ

眉毛は年齢に関係なくひとつの身だしなみとして
現代は考えて行く必要があります
SAIKAに来店されるメンズのお客様は
おひとりおひとりにこだわりをもっている
方も多く、自分で眉のお手入れされているかたが
幾どです。しかし、眉のカタチをどのように
すればいいのかわからないと言う方は
ご遠慮なく言ってください
お顔だちにあう眉のカタチを
ご提案させていただきます

※眉CUTは無料です (ご新規の眉カットのみのオーダーは受けておりません。ヘアカットと込みでご予約願います)



髪の表情を見逃さない!顔だちと髪の似合う関係性!!



髪型をつくると言っても、オーダーされたヘアスタイルとお顔だちに似合わない
というのは本末転倒。やっぱり似合うということが前提です

僕が他の美容師さんと全く違うのは美術学校に通い、デッサンを死ぬほどした
という事と子供の頃から音楽雑誌を見て飽きるほどミュージシャンの写真を
見ながら顔の表情を描き続けて来たという、見るという感覚を身につけた
ところが他の美容師さんとは違うところではないかと思うのですね

例えば、セックスピストルズの頃のジョニーロットン時代の髪の動きや
髪の長さ、PIL時代のジョニーライドンとしての髪型などその年代や彼の年齢
においても変化していきます。

パンクヘア?なんてツンツン立たせればいい?それは、多くの美容師さんが
考えることであり、はたして美容師さんのテクニックだけでそのスタイルが
つくれるわけもありません。

似合う長さの雰囲気って、髪質を生かすカット、またその方の年齢により
残す長さの調節などとても重要だと考えます

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘





SAIKA流 MEN'S眉CUTの極意



眉毛のカタチと一言で言ってもヘアスタイルと同じで
その人の持つお顔だちに最もあう眉のカタチがベストです
眉のカタチひとつで大きく印象も変わります。

イマドキの若者は自分で眉カットはされますが、みんなが
みんな眉のカタチを気にする人は実はそう多くはいません

そこでSAIKAでは眉カットは、その方の自由ですので
おすすめすることなく、オーダーされた方だけ
無料でさせて頂いております。

※ご新規の眉カットのみのご予約はお受けしておりません

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘



123

« 2019年6月 | メインページ | アーカイブ | 2019年8月 »

PAGE TOP