HOME > WHAT'S NEW > ROCKスタイルに魅せらた僕の少年時代

WHAT'S NEW

< HAIRのニュアンスを考える  |  一覧へ戻る  |  ジョンテイラーのHAIR COLOR >

ROCKスタイルに魅せらた僕の少年時代



THE WHO

1970年代前半の僕が中学生時代にグラムロック、ハードロック全盛の頃にTHE WHOを知った。
ロック好きの同級生たちはディープパープルは凄いとかレッドツェッペリンは最高だと言っていた
時期だった。ザフーを知ってしまった僕にはクィーンにしろレッドツェツペリンにしろ価値観は
THE WHOへとむかってしまった。確かにビートルズやストーンズは僕にとっても別格だったけど
THE WHOの存在は10代前半の僕の感性を刺激したものだった。ROCKってこういうものじゃな
いのか?そんな簡単な事だったように思う。モッズを知ったのも丁度この頃であり、もしもザフーに
出会っていなかったら、MOD’Sを知るのはもう少し後の映画さらば青春の光頃になっていたはずだったに違いはない。

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘



ROCKって基本、かっこよければいいんだ!高度なテクニックよりも
もっと単純明快な答えを10代の僕はそう考えていた。
THE WHOの存在はモッズファッションも含めて極めて重要な僕の
10代前半の体験だったことは言うまでもない。

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


< HAIRのニュアンスを考える  |  一覧へ戻る  |  ジョンテイラーのHAIR COLOR >

PAGE TOP