HOME > WHAT'S NEW > 2ページ目

WHAT'S NEW 2ページ目

ロンウッドのHAIRの解説



ロンウッド(ザローリングストーンズ)のHAIRの解説

60年代から現在までずっと変わらないイメージを保つ
ロンウッドの髪型こそ、大人のロックフリークスのための
ヘアスタイルの見本とも言えます。
トップからフロントまで短いレイヤードを入れて
カットして行きます。サイドよりネープが長め
というのがポイントでもあります

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA MEN HAIR



ロングヘアだっていいじゃないか?
そんなふうに思う

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



SAIKA MEN HAIR



MENにとってヘアスタイルは
少年時代から自分にはこのスタイル
が似合うんだという信念をもつ事が
とても大切なことだったと思う
ヘアスタイルを自分が想像できることは
人生も、また想像できることにも
つががるものだと思う

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA MEN HAIR



1970年代の終わり頃、僕は10代最後を
むかえていた。
ロングヘアは消え去り、HAIRはショートスタイルへと
移行していた。
ロングヘアのMENたちはこれには困ったと思う
まさかこの時代に逆らってロングヘアを続ける事は
後ろ指をさされる時代背景があったからだ。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA MEN HAIR




SAIKAにおけるHAIR MEN の捉え方は
ひとりひとりの髪型からはじまる
物語・・・

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



SAIKA MEN HAIR



SAIKA MEN FOR HAIR

おとこにとって、年齢に関係なく少年性というものを
残してHAIR CUTしたいものです。
少年性とROCK!SAIKAのメンズスタイルは
限りなく2019年に続いて参ります

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

フレディマーキューリーHAIRの解説



フレディマーキューリー(クィーン)のHAIRの解説

70年代のフレディの髪型はフロントバングラインがこの時代にはめずらしく短くカットされたデザインでした。
当時、リアルタイムでフレディを見ていた時期の僕は、なんでこんなにフロントが短いんだろうと思って見ていました。70年代ロックアーティストはロン毛が圧等的に多い中、ロングヘアでありながらバングを短くするのは
一般的なアーティストとしては違和感があり、ここまで短くはしないものなのですが、さすがフレディ!この時代
から先を走ったMODE感ってものがあったのだと思います。この頃、フレディがノーマルじゃないなんて夢にも
考えていませんでしたので、凄い事です。全体的にレイヤードスタイルではありますがサイドやネープの長さを
考慮しないと短めのバングがいかされないと言う感じになってしまいます

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



ロジャーテイラーのHAIRを解説



ロジャーテイラー(クィーン)のHAIRを解説

70年代のロングスタイルだった頃のロジャーの髪型はレイヤードのカットの
入れ方が決め手になります。一般的なレイヤーカットではロジャーのヘアスタイル
にはなりません。ロングヘアと言えども、根本的なロックスピリットがはいった
デザイン的なスタイルなので、ロジャーのヘアを真似してカットしても一般的な
美容師さんには切れないはずでしょう。このロングスタイルはロジャーのドラム
のリズムととても近いものがあり、トップのレイヤーやサイドのふんわりボリューム
感など感性でカットしないとヘアがうまくできないロジャーヘアなのです

SAIKAディレクタ-  齋藤嘉弘


ブライアンメイのHAIRを解説



ブライアンメイ(クィーン)のヘアを解説

ブライアンメイのハードパーマスタイルはフロントやトップの長さのバランスを考えてヘアカットしないと
単なるアフロヘアになってしまうのでレイヤードのバランスがカットで重要になってきます。
パーマの巻き方にしてもその人の髪質にあわせて巻いていかないとかかりがユルすぎたり強すぎたりするので
注意しなければなりませんね。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


ヴィヴィアンウエストウッドとパンクファツション



LET IT ROCK

1971年、マルコムマクラーレンとヴィヴィアンウエストウッドはアメリカンヴィンテージであるテッドファッションをメインにしたLET IT ROCKをロンドンにオープンする。1960年代に流行したモッズファッションは当時のロンドンでは低迷しはじめ、スキンズやテッズが人気がではじめていた。テッズの火付け役としてLET IT ROCKは若者の間で人気をよんで話題になっていった。



テッズファッションに身をつつむマルコムマクラーレン



右端のジョニーロットンだけはテッズファッションに身をつつんでいる。


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP