HOME > ROCK DIARY

ROCK DIARY

日々ROCK的な・・・



抽象的な
表現は
ROCK的な
意識感覚にも
似たような
事を
感じる
それが
何を意味しているのか
例え
わからなくても
意味など
考えずに
表現を
観察するということ





日々ROCK的な・・・



20代の頃に
ロンドンに行った時に
ヘアデザイナー、サイモンが
経営するHAIR SALON、アンテナを
観に行った。
80年代はボーイジョージなどの
アーティストも通う美容室だった
最も理想的なSALONだった
今では
この手の
SALONは敬遠される
時代になったと思う
しかし
サイモンは
美容師の中でも
革新的だったと思える


日々ROCK的な・・・



ビートルズやローリングストーンズが
原点になっているというのは
世代的なこともある
しかし
そこだけに
縛られていると
前には進めない
ポールマッカトニーだって
ミックジャガーにしても
いまだに
現役として
前に
進んでいる事を
考えると
日々こういうことが
ROCK的だなって
思う


日々ROCK的な・・・



日々ROCK的な
ことを
模索することは
自分の
日課にすることは
一日を充実させることでもあり
毎日の
テンションを
一定に保つ
ことにも繋がって来るもの
ヘアスタイルが
かっこ悪いといのは
人生において
本末転倒な
ことだと
そう
思ってもいる
たかが髪型
されど髪型・・・


日々ROCK的な・・・



日々ROCK的なものを
少年時代から毎日
模索して来ている
毎日かかさず
そんなことばかり
考えて来ている
しかし
僕はミュージシャンを
目指した事など
一度もない
ROCK的な
事とは
なにも音楽のROCKだけの
事ではない
そういうことを
一般的には
理解しにくい事かも
しれないが
人様がどう考えようと
それは自由だ。
今、こうして
文章を書いてるいる
瞬間でも
常にROCK的な
ことが
頭の中でぐるぐる廻っている

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘



日々ROCK的な・・・



日々、行動し続け
人様の為に
労苦を
惜しまない
人は
それだけで
尊敬に値する
ROCK的な
捉え方とは
日々
行動し
活動を
やめない人でも
あると思う。
日々ROCK的な
事を
模索する。
アパルトヘイトも
また
ネルソンマンデラと
共に闘って来た
勇士が
勝ち取った
権利でもあると思う


日々ROCK的な・・・



日々
闘いなんだと思う
社会と
闘うということよりも
自分自身と
闘うのだと
思う
社会をつくるのは
人間だしね
自分と闘わないで
人のせいにしたり
社会のせいにしても
なにも
はじまらない
過去はすべては
教えてくれている


日々ROCK的な・・・



少年時代、仲良くしていた友人の
3人が大人になって
自殺をした
3人とも
首つり自殺だった
彼等とは
毎日いっしょに
過ごした
ROCKの話
エッチな妄想の話
ファッションの話・・・
もう
そういうことは
死んでしまったら
できない
どんなに苦しくても
どんなに辛くても
人は
いつか
必ず死ぬ
自殺なんか
かっこ悪いよ!
だってさ
お前等の話題
もう死んで
10年もしたら
誰も話題にすらしない
俺を
おいて
先に
おさらばするなって
思うよ!!
日々ROCK的な
生き方を
10代の頃に
教えたろうが!!って
思う。


日々ROCK的な・・・



日々ROCK的なイメージを毎日のように考えることが
その日の
自分を
充実させてくれる
ただ
そのことだけを
毎日
飽きもせず
繰り返すこと
それ以外の
目的意識はもたない



日々ROCK的な・・・



少年の頃からアンディウォーホルには影響を受けて来た。というのは、彼の性格や人間性はいいとして、彼のやってきた全てのパフォーマンスが僕の理想的なARTだったからだ。そしてアンディの作品の全てを僕は崇拝し帰依したといっても過言ではない。けれど、僕はアンディの真似なんか一度もやったことなどない。模索はしても複製は僕にはROCKではなかったからだ


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP