HOME > ROCK DIARY

ROCK DIARY

2019年6月9日(日) 日々ROCK的な・・・



人と比較しても
なにもはじまらない
自分のやるべきことを
する以外に方法論なんてない


SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月8日(土) 日々ROCK的な・・・



どうせなら
面白くない
人生より
面白いほうがいい

ROCK少年たちの
生き方は
60年代であれ
80年代であれ
2000年代に
はいっても
多かれ少なかれ
リスクを
背負って生きている
それは
仕方ない
ROCK少年たちは
30歳になったから
50代になったから
60代になってしまった
としても
死ぬまで
変わらない
ポールスタンレーを見ても
ジーンシモンズを見ても
いったい
いくつになったんだ?
ROCK少年たちは
年齢とは
別次元で
生きている

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月7日(金) 日々ROCK的な・・・



よく
自由になりたいと
思う事ってあるわけだけど
自由なんて
実際にはない

自由になるとは
自分を解放して
あげるしかない

解放すると言っても
社会や他者からの
解放では
けしてなくて
自分の心を
自由自在にすること
それが
解放だと思える

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月6日(木) 日々ROCK的な・・・



ROCK少年たちは
すでに小学生の頃から
たくさんの事に興味を持ち
こだわりをもって
生きて来た

周囲の同級生たちには
理解されることもないし
その趣味嗜好、興味は
孤独な日々を送る事が
往々にして多い

ROCK少年たちにとって
孤独はしかたのないのことだ

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月5日(水) 日々ROCK的な・・・



現代のROCKファンって
FUJI ROCKやサマソニなどの
フェスに何万人も行くじゃない?

本当にROCKファンなのかな?
ただのイベント的に見えているのは
なんでだろうか?

60年代にアメリカではウッドストックフェスティバル
があったけど、あの時とは全く違うもののように
思えてならない

今の若者ってROCKが好きなのか?
イベントが好きなのか?
よくわからないところがある

80年代にはね
レゲエサンスプラッシュという
レゲエの野外フェスって
あったんだけどね
一体、あんなに何万人もいた
レゲエファンって
どこにいったんだろう?
そう思う

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月3日(月) 日々ROCK的な・・・



ROCKイコール過激??
笑わせるよね
ジャンルは際限なくある
一概にROCKと言っても
それぞれの趣味嗜好がまったく違う
僕は残念ながら
誰のFUNでもない
ジャンルもすべてこだわりもない
僕の頭の中には
常にセンスとデザインのことしかないんだ
どんなジャンルにも対応できる
もしも偏ってROCKを聴いてきたら
全てのジャンルの趣味嗜好が
わからなかったんじゃないだろうか

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月2日(日) 日々ROCK的な・・・



13歳頃から僕はROCKの事ばかり
考えて来た

そんなふうに言うとミュージシャンに
なりたかった?みたいに
よく言われてしまうけど
それは単純な発想だよね
僕はROCK的なイメージを
ずっと考えて来た
ようするにミュージシャンではない
ROCKの裏方!
僕の場合はデザインだった
レコードジャケットだったり
ミュージシャンのコスチュームだったり
ヘア、そしてメーキャップだった
まさか
美容師になって
髪をデザインするとは
10代の頃は知るよしもなかったけど

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年6月1日(土) 日々ROCK的な・・・



ヘアスタイルに僕が興味をもったのは
すでに幼少期の頃からで、16歳や
18歳の高校生になってからの事なんかじゃなかった

ファッションに興味を持つことも当然
同時進行であってヘアスタイルに興味を
持つことと別ものなんかじゃなかった

誰でも思春期になる頃には
ヘアスタイルや着る自分の洋服に
興味を持つんじゃないだろうか?

女の子にモテたいから
髪型に興味をもつとか
ファッションに興味を持つ
とか、そういう人もいるのかも
しれないけど

ROCK少年って
そういう人たちとは
全く違う価値を持っている

そういうことって
案外、一般的にはわからないかもしれない

ロック好きの少年たちは
お洒落小僧とは
まったく違うヘアやファッションへの
こだわりがあるんだ

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月31日(金) 日々ROCK的な・・・



ブライアンジョーンズは
これからも
時代が変わっても
ROCKのお洒落の代表として
語り継がれて行く。
ブライアンジョーンズの
ヘアスタイルにしたければ
現代では
SAIKAでしか
きっとできないだろう
どんなカットの上手い美容師であっても
似たような髪型は切れても
本当の意味で
ブライアンの髪型を
つくれるのは
僕しかいない
そんなふうに
思っている

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘



ヘアスタイル
されど
ヘアスタイル





2019年5月30日(木) 日々ROCK的な・・・



ヘアスタイルはディテールが大切でもあり
生活のスタイルも様々であるように
お一人お一人の
ディテールには違いが有ります

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP