HOME > WHAT'S NEW > 3ページ目

WHAT'S NEW 3ページ目

ヴィヴィアンウエストウッドとパンクファツション



ヴィヴィアンウエストウッドとパンクロックファッション

1976年頃のロンドンのファッション文化は僕にとってはカルチャーショックだった。
髪型も化粧もそしてコスチュームも10代だった僕にとっての目指すべき道はすでに
決定したようなものだった。16歳だった僕は1960年代のスィンギンロンドンの時代と
この70年代半ばから80年代の初め頃のロンドンの文化がずっと根底になっている。
ロック、ファッション、アート・・・。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘





ヴィヴィアンウエストウッドとパンクファッション



ヴィヴィアンウエストウッドとパンクロックファッション

13歳の頃の僕はいつかロックンロールのヒーローになれると
本当にそう思っていた。しかし、歌はうまくないし、楽器も
うまくできなかった。しかし僕は1973年当時、思った!
なにもロックンロールの表現はミュージシャンだけではなくて
ファッションの仕事だってあるしアートの表現もあるし歌詞
だって書ける。中学1年生だった僕はそう思う様になっていた。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



10代だった僕はギターはスリーコードくらいしか弦をおさえる事ができなかった。
ROCK(音楽)にはのめりこんだ。もう病気のようにのめりこんでいった。
しかし、音楽と同じだけ僕はファッションに興味があった。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

SAIKA MEN HAIR



バングヘアは少年時代の可愛らしさを
演出できます。
ポストモダーンの時代
バングスタイルは流行していましたね

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



ロンウッドのHAIRの解説



ロンウッド(ザローリングストーンズ)のHAIRの解説

60年代から現在までずっと変わらないイメージを保つ
ロンウッドの髪型こそ、大人のロックフリークスのための
ヘアスタイルの見本とも言えます。
トップからフロントまで短いレイヤードを入れて
カットして行きます。サイドよりネープが長め
というのがポイントでもあります

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA MEN HAIR



ロングヘアだっていいじゃないか?
そんなふうに思う

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



SAIKA MEN HAIR



MENにとってヘアスタイルは
少年時代から自分にはこのスタイル
が似合うんだという信念をもつ事が
とても大切なことだったと思う
ヘアスタイルを自分が想像できることは
人生も、また想像できることにも
つががるものだと思う

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA MEN HAIR



1970年代の終わり頃、僕は10代最後を
むかえていた。
ロングヘアは消え去り、HAIRはショートスタイルへと
移行していた。
ロングヘアのMENたちはこれには困ったと思う
まさかこの時代に逆らってロングヘアを続ける事は
後ろ指をさされる時代背景があったからだ。

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘


SAIKA MEN HAIR




SAIKAにおけるHAIR MEN の捉え方は
ひとりひとりの髪型からはじまる
物語・・・

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



SAIKA MEN HAIR



SAIKA MEN FOR HAIR

おとこにとって、年齢に関係なく少年性というものを
残してHAIR CUTしたいものです。
少年性とROCK!SAIKAのメンズスタイルは
限りなく2019年に続いて参ります

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘

フレディマーキューリーHAIRの解説



フレディマーキューリー(クィーン)のHAIRの解説

70年代のフレディの髪型はフロントバングラインがこの時代にはめずらしく短くカットされたデザインでした。
当時、リアルタイムでフレディを見ていた時期の僕は、なんでこんなにフロントが短いんだろうと思って見ていました。70年代ロックアーティストはロン毛が圧等的に多い中、ロングヘアでありながらバングを短くするのは
一般的なアーティストとしては違和感があり、ここまで短くはしないものなのですが、さすがフレディ!この時代
から先を走ったMODE感ってものがあったのだと思います。この頃、フレディがノーマルじゃないなんて夢にも
考えていませんでしたので、凄い事です。全体的にレイヤードスタイルではありますがサイドやネープの長さを
考慮しないと短めのバングがいかされないと言う感じになってしまいます

SAIKAディレクタ- 齋藤嘉弘



<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP