HOME > WHAT'S NEW > 4ページ目

WHAT'S NEW 4ページ目

SAIKA YOUTH SCREAM



SAIKAの2018年はポストパンクからのインスピレーションのHAIR


はっきり言って
男の子は髪型や
ファッションを
武器に
人生を送るべきだと思う

そう
自分の
スタイルをもつことが
重要なんだ
平成生まれの人たちは
それが
当然とも言える

今の時代
我慢や辛抱なんて
言葉は
死語なんだ

だからこそ
MENはHAIR
くらい
かっこつけるべきだね

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



SAIKAの2018年はポストパンクからのインスピレーションのHAIR

極端に刈り上げを
いれてみたり
極端に
フロントの髪が長かったり

ポストパンクの時代の
ヘアは
なんでもありなんだ

今の10代の男の子の
ファッションのどんなものにでも
似合わせるスタイルが可能なんだ

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



SAIKAの2018年はポストパンクからのインスピレーションのHAIR

パンクと言うと
どうしても
過激なイメージを
もつMENも少なくはない

ポストパンクの時代は
70年代のパンクスタイルとは
かなり異なる

ポストパンクの時代は
ニューウェーブの時代でもあり
所謂
70年代のパンクファッションとは

違いがあるんだ

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



SAIKAの2018年はポストパンクからのインスピレーションのHAIR

HAIRは常に進化を
続ける
現代社会は
男の子が美しなければ
時代の発展もない
ならば
美しくならなければ
ならない
SAIKAは
流行のヘアを全く意識でずに
ポストパンクの
現代版を世の中に
広めていきたいと
考えている

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM




僕がこだわっている
ヘアカラーって
根本〜毛先にかけて
自然な濃淡を与えた
グラデーションなカラー

若い世代には
もっとヘアカラーを
愉しんでほしいと
思っている

髪質にあわせて
カラーの薬剤を選定
してるから
髪のダメージも
抑えることができる

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘





SAIKA YOUTH SCREAM



今の時代って
ロックが消えてしまった
まるで
あの80年代の頃と同じだ
しかし
時代が変わっても
ロックは消せはしない
自分の中に
ロックは
煮えたぎっている
そういう
時代なんだと思う
アルチュールランボーの
詩集なんか読んでも
ボードレールの
詩集を読んだところで
今の時代は
ピンとこないかもしれない
でも
いいんだ
自分が自分で
あり続ければ
それだけで
いいんだと思う

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



お洒落をすることは
10代における
権利だと思う
親や学校の先生が
なんと言おうが
なんと思われようが
関係ない
社会にでたら
秩序を守る為に
いまのうちから
訓練って?
阿呆かって
思ってた
女の子にモテたいから?
女の子に注目されたいから?
そんな
くだらないことなんかじゃない
ヘアスタイルや
ファッションって
そういうことの為に
あるんじゃない
自分自身の
個性であって
内面の主張だと思うんだ

SAIKA ディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



10代の頃
なんで
服装検査なんて
あるんだって
思ったものだった
そんなの
おかしいよ
髪の色が
赤いだろうが
青いだろうが
そんなこと
なんで
大人たちの
一存に
従わなければならないのか!
そういうことって
クソくらえだって
思ってた
だから
僕は
髪を切らずに
伸ばしていたんだ

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



煙草の匂いが私の髪にすがる 駅の冷たいホームさ
夢を見るやるせない若ものたちの瞳は眠らない
そうでしょ?
私たちはやることがあって
ここで唄ってる。・・・

             大人になったら    松尾レミ


10代だった頃
大人というイメージを
どう思って感じていたのだろう?
自分もいつかは
大人になるんだと
思いながら
本当のところは
大人っていう意味が
わからないでいたのだと思う

もう大人になりなさい
もう大人なんだから

学校の先生や両親や
近所のおじさんもおばあさんも

大人になりなさいって
言うけど
そんなことを
言われても
10代じゃわからない

でも
思うよ

50歳過ぎたって
実は
大人って
なんだよ!!って思う事がある

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘


SAIKA YOUTH SCREAM



君がロックなんか聴かないことを知ってるけど
恋人のように寄り添ってほしくて
ロックなんか聴かないと思うけれども
僕はこんな歌であんな歌で
また胸が痛いんだ

君はロックなんか聴かないと思いながら
少しでも僕に近づいてほしくて
ロックなんか聴かないと思うけれども
僕はこんな歌であんな歌で
恋を乗り越えて来た

            君はロックを聴かない   あいみょん

70年代ロックがかっこいい
なんてそんな事を
教えてくれたのは
パパさ
やれレッドツェッペリンだとか
ディープパープル、TREX・・・
いまは
もう
そんな時代じゃないんだ
女の子に
ロックなんて
ダサいって
言われる
時代なんだ
でも
僕はロックが好きさ・・・


SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP