HOME > WHAT'S NEW > 6ページ目

WHAT'S NEW 6ページ目

SAIKA YOUTH SCREAM



10代の頃
なんで
服装検査なんて
あるんだって
思ったものだった
そんなの
おかしいよ
髪の色が
赤いだろうが
青いだろうが
そんなこと
なんで
大人たちの
一存に
従わなければならないのか!
そういうことって
クソくらえだって
思ってた
だから
僕は
髪を切らずに
伸ばしていたんだ

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



煙草の匂いが私の髪にすがる 駅の冷たいホームさ
夢を見るやるせない若ものたちの瞳は眠らない
そうでしょ?
私たちはやることがあって
ここで唄ってる。・・・

             大人になったら    松尾レミ


10代だった頃
大人というイメージを
どう思って感じていたのだろう?
自分もいつかは
大人になるんだと
思いながら
本当のところは
大人っていう意味が
わからないでいたのだと思う

もう大人になりなさい
もう大人なんだから

学校の先生や両親や
近所のおじさんもおばあさんも

大人になりなさいって
言うけど
そんなことを
言われても
10代じゃわからない

でも
思うよ

50歳過ぎたって
実は
大人って
なんだよ!!って思う事がある

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘


SAIKA YOUTH SCREAM



君がロックなんか聴かないことを知ってるけど
恋人のように寄り添ってほしくて
ロックなんか聴かないと思うけれども
僕はこんな歌であんな歌で
また胸が痛いんだ

君はロックなんか聴かないと思いながら
少しでも僕に近づいてほしくて
ロックなんか聴かないと思うけれども
僕はこんな歌であんな歌で
恋を乗り越えて来た

            君はロックを聴かない   あいみょん

70年代ロックがかっこいい
なんてそんな事を
教えてくれたのは
パパさ
やれレッドツェッペリンだとか
ディープパープル、TREX・・・
いまは
もう
そんな時代じゃないんだ
女の子に
ロックなんて
ダサいって
言われる
時代なんだ
でも
僕はロックが好きさ・・・


SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



ダラダラと流れる青春の音
乾いたメロディは止まらないぜ

君はロックなんて聴かないと思いながら
あと少し僕に近づいてほしくて
ロックなんか聴かないと思うけれども
僕はこんな歌であんな歌で
恋に焦がれてきたんだ

        君はロックを聴かない


ママがこれ着ていいよって
黒いフリースをくれた
ボタンがやたらついてる
フリースさ
アニエスbって
ブランドみたい
幸い僕は痩せているから
ママの洋服は着れる

アニエス•ビー??
ママが
言った
アニエス•ベーって
言うんだよって・・・

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



僕の心臓のBPMは
190になったぞ
君は気づくのかい?
なぜ今笑うんだい?
嘘みたいな泳ぐ目・・・

              君はロックを聴かない    あいみょん

中学生、高校生って
恋をすると
好きな女の子の前では
心臓がバクバクする
君のこと好きだなんて
言えるほど
そんな大人じゃない
だから
好きじゃないフリをして
ただ
君のことを
目で追うだけなんだ・・・

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘



SAIKA YOUTH SCREAM



君はロックなんか聴かないと思いながら
少しでも僕に近づいてほしくて
ロックなんか聴かないと思うけれども
僕にはこんな歌であんな歌で
恋を乗り越えてきた

         僕はロックを聴かない   あいみょん


高校生が煙草なんぞ
吸ったらいけない
そりゃ、法律違反だ
でも
70年代の
パパの時代って
みんな学校のトイレで
休み時間には
煙草を吸っていたらしい

シンナーってなに?
パパは言ってたよ
ああ、
シンナーって言うのは
ロックじゃない
ヤンキーが吸うもの
だったんだって・・・

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



フツフツと鳴りだす青春の音
乾いたメロディで踊ろうよ・・・

                  君はロックは聴かない   あいみょん

イマドキ
ロン毛にして
70年代ロックが好きです
なんて
パパの時代ならともかく
恥ずかしくて
そんなこと誰にも言えやしない
クラスで
孤立するくらいなら
僕はロックが好きです
なんて
絶対に誰にも言えないんだ・・・

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



埃まみれのドーナッツ盤には
あの日の夢が踊る
真面目に針を落とす
息を止めすぎたぜ
さあ腰を下ろしてよ

           君はロックを聴かない    あいみょん

髪をかっこよくしたい
と思って原宿の美容室まで
わざわざ行った
クラスメートのみんなと
同じ髪型になった
僕は嬉しいと思ったけど
気になっていたクラスメートの
女子に、なんかみんなと同じで
ダサいって言われてしまった。
ダサい?
えっ?これが
流行なのに?
彼女は僕に言った
ロックじゃないよって・・・

SAIKAディレクター  齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



少し寂しそうな君に
こんな歌を聴かせよう
手を叩く合図
雑なサプライズ
僕なりの精一杯・・・

        君はロックを聴かない   あいみょん


男の子にとって
ヘアスタイルって
とても重要なことであって
パパやママには理解できない
ましてやクラスメートの女子には
もっと、もっと理解できないことなんだ

       SAIKAディレクター 齋藤嘉弘

SAIKA YOUTH SCREAM



ヘアスタイルって
重要な
自分自身の
表現だと思う
ヘアカットする行為は
自分にいかに似合うのか
そこが
大切な部分でもある





<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP