HOME > ROCK DIARY > 5ページ目

ROCK DIARY 5ページ目

2019年5月16日(木) 日々ROCK的な・・・



ROCK志向で少年期から過ごす
輩は他の友達や仲間に
なんでその髪型?あんでその服装?
そんなことをずっと言われ続ける事は
当然のことだ
なので、そういう事には絶対に
耳をかさない事が大切だ
一般的な捉え方をしている
社会では、もう大人になったのだから
もう、何歳なのだから
もう結婚したんだから
もう子供いるのだから
対外そういうことから
ずっと死ぬまで解放されることはない
なので
自分を死ぬまで貫きとおすこと
これがROCK志向の生き方でもある

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月15日(月) 日々ROCK的な・・・



写真に撮られる時の自分の顔の表情って
いつ、どんな時でも大切であることを
ブライアンは教えてくれた。
写り方を気にするという事は
必ずしもナルシストには繋がらない
いや、ナルシストと周囲の人に
言われたとしても
つらぬき通すことは
大切な事でもあり
一般人とはプライドをもって
自分は違うんだと言う
自意識をもつことが
美的な事をとことん
愛するという事に
繋がる。
人は人であり
自分は自分であることを
ずっと少年期から大人になり
老人になるまで続けていく事が
スタイルのある生き方なんだと思う

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月13日(月) 日々ROCK的な・・・



ナチスのジャケットなんて
そうそう着れない!
しかも60年代じゃなおさら
こういうところにも
ブライアンの
ROCKとしての
もつデザイン嗜好が
わかりますね。
アニタパレンバーグも
この頃が素敵だった

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月12日(日) 日々ROCK的な・・・




ヘアスタイルは需要な
ファッションとしての
アイテムであることを
もっとも早く教えてくれたのは
ブライアンだったと思う
マッシュルームヘアは
デザインによっても
異なる
そのことを
いち早く
ブライアンは
教えてくれた

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月11日(土) 日々ROCK的な・・・



人生はファッション!
服に興味をもつことは
日々の生活を豊かなものにしてくれる
そんなことを
ブライアンは教えてくれたと思う
日本人のミュージシャンって
音楽にはこだわるけど
ファッションにこだわる
人は本当に少ない
歌が上手いのも
楽器が上手いのも
それはそれで
いいんだけど
ビジュアルが
よくないと
面白くない
そんなことを
少年時代から
僕は
思って来た。

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月10日(金) 日々ROCK的な・・・



人生はデザインでしょ?
みたいなことを
全部僕はブライアンから学んだ
彼女の選び方や
持ち物の選び方
身振り、手振り
こなしかた
そんなところまで
全部ブライアンが教えてくれた
さすがに麻薬だけはやらない
なんでかって?
僕は薬局の息子だ
麻薬的な薬も実家には
あったし、どの棚に
あったかも知っていた
そんな僕が親を悲しませる
ようなことなどできるはずもない

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月9日(木) 日々ROCK的な・・・



ヘアスタイルっていつ頃からこだわりを
もつだろうか?
僕は物心ついた頃からもっていた
なんでだろうか?
ヘアスタイルのことや
ファッションのことを
幼稚園に通っていた頃から
こだわりをもっていた
今の子供たちは
もっとその意識は高い
ファッションへの
こだわりをもつことは
人生は
それだけでも
十分な価値に値すると
僕は思っている
ひとりだ

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月8日(水) 日々ROCK的な・・・



少年時代
ブライアンの着てる服って
どれもこれもかっこいいと
憧れたものだ
ブライアンに憧れて
ミュージシャンを目指した人は
たくさんいたかもしれない
人生の中で影響を与えてくれる
目標にできる人を
もつことって
いいことだと思う

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月6日(月) 日々ROCK的な・・・



SAIKAに来店される初来店のお客様でもっとオーダーが
多いヘアスタイルがブライアンジョーンズです
ストーンズマニアにおいて、ブライアンのHAIRにしたくても
これまでどこの美容室でも理髪店でもならなかったのが
SAIKAではじめて思ったとおりのブライアンヘアに
なったと言って頂けることが多い。
自分で言うのもなんだが
あたりまえと言えばあたりまえの話だ
ストーンズマニアと本当の意味で
共有できる美容師は
世界中探しても
僕しか存在していないからだ

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


2019年5月5日(日) 日々ROCK的な・・・



ブライアンがもしもいなかったら
ストーンズもなかったと思う。
ストーンズをつくったのは
ブライアンでしかない
ブライアンがずっと
いつまでも
何故?
語られるのか
それは
ロックという言語を
つくりだしたのも
ブライアンだったからだと
僕はそう思えてならない

SAIKAディレクター 齋藤嘉弘


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

PAGE TOP